障害者雇用 オンラインサロン開設 企業(担当者)向け ソーシャルハートフルユニオン

2019.02.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

真に有益な情報を提供

 一般企業で働く障害者の「駆込み寺」的存在であるソーシャルハートフルユニオン(石崎真一執行委員長)は、障害者雇用をめぐる現場のトラブル回避・解決に役立つ「企業(担当者)向けオンラインサロン」を開設した。精神障害者雇用の義務化から間もなく1年。ナーバスな面が強く顕在化しにくい一方、受入れ企業の担当者が病むようなケースが後を絶たない。同ユニオンの経験は、真に有益な情報として多くの企業に受け入れられると判断、本当に知りたいことが聞ける相談窓口として設置した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月4日第3199号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ