障害者雇用 特例子会社作り調査研究実施へ 野村総研

2015.07.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱野村総合研究所(嶋本正代表取締役会長兼社長)は7月1日、障害者雇用を促進する新会社・NRIみらい㈱(柴山慎一代表取締役社長)を設立した。近々、特例子会社の申請を提出する見込みである。

 NRIみらいは、障害者雇用や特例子会社に関する経営課題の調査・研究を今後の重点事業として掲げており、年内に最初の報告書を発表する意向を示している。将来的には、障害者自らがデータ集計作業などをすることも視野に入れる。

 同社は特例子会社が障害者雇用の調査をすることで、「野村総研らしい特例子会社にしたい」(柴山代表取締役社長)とした。

平成27年7月27日第3026号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ