柔軟に休業日を設定 百貨店へ提言まとめる 経産省研究会

2021.08.16 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済産業省が設置した百貨店研究会(座長・伊藤元重学習院大学教授)は、百貨店が抱える課題や将来の方向性に関する報告書をまとめた。少子高齢化・人口減少のなかで働き手を確保するため、営業時間や休業日の柔軟な検討・設定が重要との認識を示している。

 同業界が今後も接客にコストをかけることを強みとしていく場合、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月9日第3316号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ