全店舗が一斉休業 人材確保と定着めざす 木曽路・GW明け

2019.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 しゃぶしゃぶ日本料理・和食レストランなどを全国展開する㈱木曽路(愛知県名古屋市、吉江源之代表取締役社長)は、今年のゴールデンウイーク明けに2日間の店舗一斉休業日を設ける。職場環境を整え、従業員の満足度を高める。人材の採用増や定着につなげたい考え。

 皇位継承に伴う10連休明けの5月7~8日に休業する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月4日第3199号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ