販売員確保へ営業短縮も 店舗環境改善に指針 百貨店協会

2022.06.09 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

派遣員含めWLB推進

 日本百貨店協会(村田善郎会長=㈱髙島屋・取締役社長)は、将来にわたって意欲・スキルの高い販売スタッフを確保するため、5項目からなる「店舗における労働環境改善に向けた行動指針」を策定した。出店企業からの派遣販売員も含めた全従業員を対象とし、営業時間短縮や休業日増加を通じてワーク・ライフ・バランス(WLB)の充実を図るなどとしている。販売現場の人手不足は業態の価値にかかわる課題との考えから、店舗内業務の効率化による負担軽減、食堂・トイレなどの施設充実も項目に盛り込んでいる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年6月13日第3356号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。