年間休日数は18日増 年中無休やめ週3休で 愛知・パン製造販売業

2018.02.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 営業日を年中無休から週4日に切り替え、正社員の年間休日数を18日増やす――こんな取組みを、愛知県内でパン・菓子類の製造販売を行っている㈱ブレッドバスケット(愛知県江南市、三宅真理代表取締役社長、35人=パート含む)が今月から開始する。

 週4日営業とするのは、同社が運営する食パン専門店「よいことパン」の路面店2店舗で、ショッピングセンター内の1店舗は対象外。メディア露出によって予定を上回る生産量となり、働き方を見直さざるを得なくなっていた。

 営業日数の削減により、現場で働く正社員の年間休日数は105日から123日に増える。残業時間も減る見込みとした。主に販売業務に従事するパートのなかでも労働時間数が正社員に近い労働者は、人材確保を狙って正社員化する可能性があるとした。

平成30年2月5日第3147号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ