業務改善助成金活用し賃上げを 農水省・セミナー

2018.10.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中小企業が99.8%を占める食品関連業の働き方改革、生産性向上を推し進めている農林水産省は、東京都内で「稼ぐ力応援セミナー」を開催した=写真。企業の人事担当者などに労務管理のポイントを伝えている。

 登壇した東京働き方改革推進支援センターの藤澤章子氏は、今月引き上がった最低賃金に関して注意を促した。最賃改定に伴って最賃割れになる可能性がある労働者が、同業種に集中しているという。

 賃金引上げの原資を生み出すには生産性向上が必要とし、業務改善助成金の活用を提案した。大別すると、①設備の改善・大型化、②事業場内の動線の改善、③IT化・システム改善――の3パターンがあると示したうえで、スマホで確認できる動画マニュアルを導入した飲食業の取組みを紹介している。

平成30年10月22日第3181号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ