人間関係の質向上へ 労働力不足でビジョン 農水省

2019.07.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 農林水産省は、食品製造業での労働人口減少へ対応するための方策を示した「食品製造業における労働力不足克服ビジョン」をまとめた。少子高齢化が進行していくなか、食品製造業でも労働力の確保が課題となっている。柔らかくて形状が不安定な食品は、ロボットが扱いにくく人の手に頼らざるを得ない面がある。経済が回復基調にあるなか、より待遇の良い業種への移動が生じて、人材確保難になっているという。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年8月5日第3219号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ