年休完全取得の農事組合が大賞 農水省

2019.12.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 農林水産省は、令和元年度の全国優良経営体表彰の農水大臣賞を発表した。今年度から新設した「働き方改革部門」には、農事組合法人濁川生産組合(新潟県新潟市)を選出している。

 同法人は、平成28年の代表理事交代を契機に「従業員に定着してもらえる職場づくり」をめざして労働条件改善や福利厚生拡充に取り組んでいる。年次有給休暇については、勤務管理票の活用などによって、多くの職員が完全取得を達成。ICT技術の導入や適材適所の人員配置で、原則的に残業はない。離職者は過去3年、結婚事由を除いてゼロで推移中。

関連キーワード:
令和元年12月9日第3236号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ