休日拡大で若手確保 建設業などに理解求める 札幌・生コン工場で週休2日制

2015.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道の札幌生コンクリート協同組合(岡本繁美理事長)は、これまで日曜日だけだった加盟企業の工場定休日に、来年1月から第2、4土曜日を加えた週休2日制の実現をめざす。北海道新幹線の延伸工事などで若手の人手不足に悩むなか、労働環境を改善し人材確保につなげたい考え。

 対象は同組合に加盟する20社が操業している札幌市内や近郊の21工場で、従業員数では150人程度になる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月7日第3031号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ