技能者確保・育成 優良職長手当導入を要請 日建連が会員へ通知 24年度方針

2012.06.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

土曜50%閉所もめざす

 ㈳日本建設業連合会(日建連、野村哲也会長)は、建設技能者の人材確保・育成に関する平成24年度の取組み方針をまとめ、会員企業に通知した。賃金の向上を図るため、優秀な職長を評価・認定する制度を整備したうえで、先進企業事例を参考に「優良職長手当制度」を導入するよう要請した。また、労働環境の改善に向けて、新たに毎月第二土曜日を統一閉所日に設定し、作業所の日曜全閉所と土曜50%閉所をめざすとしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年6月11日第2876号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ