日建連 年収530万円に引上げを 技能者確保へ新提言

2014.05.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

下請は原則「2次以内」

 日本建設業連合会(中村満義会長)は、建設技能労働者の人材確保・育成に向けた新しい提言を取りまとめた。課題である賃金改善や重層下請構造の是正などについて目標値を設定したもので、建設投資が増加に転じるなか、処遇改善を通じて将来の担い手確保につなげるのが狙い。賃金面では、技能労働者の平均年収を現在よりも140万円程度高い530万円に引き上げるよう努めるとしている。重層下請構造については、平成30年度までに原則として2次以内に抑えることを明記した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月12日第2968号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ