日建連 女性活用策中間まとめ 環境整備へ手引作成

2014.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

表彰制度で機運醸成 柔軟な就業時間の要請も

 日本建設業連合会(中村満義会長)は、建設業の担い手確保に向けて、女性技能労働者活用促進施策の中間取りまとめを明らかにした。働きやすい環境を整備するため、工事現場で取り組むべき事項を示したマニュアルの作成や、表彰制度の運用に乗り出すとした。会員企業に対しては、柔軟な就業時間制度を導入して出産・子育てのサポートを拡充することなどを求める。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月10日第2960号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ