人間ドックで60万円助成 メンタルヘルス不調者対応も 中小建設業の健康づくり整備へ 厚労省

2012.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、建設業で働く技能労働者の不足に対応するため、平成25年度から「建設労働者確保育成助成金」を創設する。若年労働者にとって魅力的な職場づくりを進めた中小事業者を助成するためのもので、雇用管理改善制度の導入支援では、人間ドックの受診制度や従業員のためのメンタルヘルス制度など健康づくり制度を導入した場合に30~60万円を助成。また、労働安全衛生法に基づく建設機械の免許取得のための事前講習などについても、経費や労働者の賃金定額を支給するとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年11月1日第2173号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。