荷台の周りに作業床を 陸運業で墜落増加懸念し 経団連へ協力求める 厚労省

2012.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、陸上貨物運送事業の労働災害が一昨年から増加し続けている事態を重くみて、(社)日本経済団体連合会など荷主事業場を会員に持つ109団体に対し、労働災害防止対策の協力要請を行った。

 具体的な対策として、自社以外の者に荷役作業を行わせる場合には荷台の周りに作業床などの墜落防止設備の設置し、作業の立会いや巡視で安全な作業を行っているか確認することを挙げた。また、荷役作業の有無、作業の内容、役割分担などを「安全作業連絡書」で事前に通知して安全な作業を確保してもらいたいとしている。

 陸上貨物運送業の昨年の労災発生件数は、前年から503人増加して1万3543人となった。今年は昨年同期をさらに上回っているという。7割は荷役作業中に発生し、そのうち3割が荷台からの墜落・転落によるものだ。

 災害の多くが発注者である荷主の倉庫など、陸運事業者の目が届かない場所で発生するという特徴があるため、災害防止には荷主事業場の連携が不可欠としている。

平成24年9月15日第2170号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。