LGBT対応 相談可能とPRして窓口設置を 埼玉経協・セミナー

2021.07.02 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 埼玉県経営者協会(原敏成会長)と埼玉県、埼玉労働局は合同で、企業担当者向けのLGBTセミナーを開催した。講師として認定NPO法人虹色ダイバーシティの村木真紀代表が登壇し、性的マイノリティが働きやすい職場づくりについて解説した。

 整備すべき支援体制の例として、相談窓口の設置や窓口担当者への研修を挙げている。社内にLGBTなどについても相談可能であるとPRすることで、より相談しやすい環境になると訴えた。

令和3年7月12日第3312号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ