【安全体感ケンブン録】法令の解説に説得力 技能伝承もスムーズ/真岡製作所「安全体感技塾」

2011.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 自動車部品の鋳物製造を主な業務としている㈱真岡製作所(仁科捷哉代表取締役、本社:栃木・真岡市、従業員:220人)は、研修施設「安全体感技塾」を開設し、同社社員だけではなく社外の受講希望者も受け入れている。危険感受性の向上はもとより、技能の伝承という観点から、関係法令も教育するなど、体感訓練だけで終わりにならないよう工夫を凝らした内容となっている。教育メニューは製造業の設備を中心とした52項目。どういった災害が起こるのか、災害防止にはどのような対策を取るべきなのかを学びながら、危険ゼロに取組む人の育成を目指す。

全製造作業に対応可能

 「安全体感技塾」では、全52種類に及ぶ大ボリュームの教育カリキュラム()から受けたい項目を14選択する仕組み。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年3月15日第2134号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。