【特集1】「虎の穴」で危険発見力を鍛える マネキン使って間違い探し 現場の安全管理技術学ぶ 三機工業

2019.05.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 三機工業㈱は、昨年10月に開設した三機テクノセンターで「脱出・虎の穴!」と題した安全体感研修を行っている。安全体感エリアには、作業状況を再現したマネキンの間違いを探す不安全行動チェックエリアを始め、法定特別教育エリアや仮設足場体感エリアなどを設け、危険を見つける力と安全管理の知識・技術を磨く。不安全状態を実際に体感する安全教育は、座学だけでは伝えきれない災害の怖さと予防策の重要性を心にきざみこむ。

新たな人財育成の戦略拠点に

 ビルの空調衛生や電気事業などを展開する三機工業は、将来へ向けたビジョンのなかで「技術・技能」「研究開発」「人財育成」による「質」の向上を掲げている。

 技術・人財を磨くための戦略拠点として、昨年10月、神奈川県大和市に社員の研究・研修・研さんの場をひとつに集約した三機テクノセンターを開設した。センターでの教育は、人事系、建築系、プラント系技術研修、安全衛生研修と多岐にわたる。入社時の教育や勤続年を重ねた人の節目の教育、管理職登用時の教育のほかに、技術や法律の知識を学ぶ自己研さんの場として運用を開始している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年5月15日第2330号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ