【今週の視点】在籍型出向の活用に注目 人材確保施策として

2021.04.07 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新助成金制度も創設

 コロナ禍において失業を回避する手段として、在籍型出向が注目されている。厚生労働省が出向元・先双方に対する助成制度を新設したほか、産業雇用安定センターが全国社会保険労務士会連合会と共同宣言を行い、中小企業などへのマッチング支援を強化する方針を示している。人材不足企業においても、人材確保の手段として活用を検討してはどうか。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年4月12日第3300号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ