【今週の視点】小売業・飲食店 社労士が災害減の切り札 中小経営者に助言

2018.04.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働局と連携協定結ぶ

 第三次産業で労働災害が多発するなか、東京労働局が、社会保険労務士の協力を得て新たな災害防止対策を開始する。講習を受けた社労士などが、小売業や飲食店などの経営者に対して意識喚起を行うもの。労働行政だけでは第三次産業事業場すべてに安全対策を浸透させるのは困難で、中小企業経営者と直接対話できる社労士の協力は、災害減少の切り札となり得る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月23日第3158号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ