「当然の慣習」見直しを 上限規制踏まえ改革推進 国交省・物流大綱で提言

2021.02.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国土交通省は、2020年代の総合物流施策大綱に関する有識者検討会提言(案)を公表した。時間外労働の上限規制の適用まで5年を切るなか、物流関連の労働者の働き方を改善するためには、発荷主や着荷主を含む物流関係者全体で見直すべきとの考え方を明確にした。短いリードタイムやトラックドライバーによる附帯作業など「これまで当然と思われていた慣習」について、今回の大綱策定を機に関係者間で改めて話合うことが求められるという。物流事業者の効率化では、輸配送業務の共同化などといった既存のリソースの有効活用による物流の生産性の引上げが不可欠としている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年2月15日第2372号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ