『想いはせれば』の連載記事

2021.04.12 【安全スタッフ】
【想いはせれば】第152回 総括安全衛生管理者のYさん

▶昭和40年代後半(1972年ごろ)、Yさんは常駐業者を含め約1500人の化学工場の工場長で、私はその工場の安全衛生スタッフの一人でした。私はそれまで、安全衛生のスタッフとして3人の工場長に仕えてきましたが、それぞれにトップ管理者として、また人格的にも立派な人たちでした。  昭和30年後半から40年代は、わが国の労働災害は、現在の数倍にも……[続きを読む]

2021.03.29 【安全スタッフ】
【想いはせれば】第151回 「3密」の菜園

▶3月に入って「コロナ禍」の第三波感染が通り過ぎ、ワクチンの接種も始まって、さしものコロナも、終息への気配が感じられるようです。  このコロナの感染予防・防止の処方としてこれまで「3密」(密閉・密集・密接)の防止と、マスク・手洗いが強調されてきましたが、とくに日本では、このことが徹底して実施されてきた結果、世界的に見て感染者や死亡者が少な……[続きを読む]

2021.03.10 【安全スタッフ】
【想いはせれば】第150回 安全対策過剰保護の功罪

▶私が利用している東京都内の駅のほとんどのホームに、転落防止のホームドア(電動柵)が設置してあります。この柵は、視力に障害がある人や酔っぱらいなどが、誤ってホームから転落するのを防止するために設置されたものです。私が利用している駅は乗降客は少なく、これまでホームからの転落事故もほとんどなかったため、後回しにされていたようです。  この駅に……[続きを読む]

2021.02.25 【安全スタッフ】
【想いはせれば】第149回 コロナ禍で他の病気が悪化

▶私事で恐縮ですが、私は70歳から今日の85歳までの間、胃を始め食道、前立腺、大腸などの「がん」を患い、その都度公立の同一病院で、早期発見・早期治療でがんを乗り越え、年齢なりに元気に社会生活を送ってきました。  昨年の秋も、がんなどの定期検査と診察を受けることになっていましたが、この病院は新型コロナウイルス感染症の指定病院のため、私の検査……[続きを読む]

2021.02.10 【安全スタッフ】
【想いはせれば】第148回 心配になるマスクの弊害

▶私は毎朝、東京の自宅近くを散歩しています。冬の朝の7時前なので、通行人はまばらです。私は散歩の環境は「3密」でもないので、朝の新鮮な空気を吸うためマスクは着用しませんでした。  そんな状態で歩いていると、向かって歩いてきた人が、私とすれ違うとき、私を大きく避けたり、口元に手を当てたりします。コロナ感染に危険な高齢者が、マスクを着用しない……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ