『働き方が変わるAI活用最前線』の連載記事

2019.03.28 【労働新聞】
【働き方が変わるAI活用最前線】人事編(下) HRアナリティクス 採用最適化を実現 優秀な社員の分析通じ/久場 純哉

HRアナリティクス 予測に基づき意思決定  「なぜこの人を採用したの?」「私はなぜこの部署に配属されたの?」「人材の引継ぎがなされていない…」。これらは、いずれも仕事の現場でよくある話ではないだろうか? 読者の皆さんも、Amazonでまさに自分が欲しいと思っていた本がレコメンドされたり、Googleの検索結果が自分の求めている情報に近かっ……[続きを読む]

2019.03.21 【労働新聞】
【働き方が変わるAI活用最前線】人事編(上) HR Techの導入 定型業務の省力化へ 「思考する時間」生み出す/久場 純哉

 人事の世界で、人事領域におけるテクノロジー活用を指すHR Techが“バズワード”化しつつある。本連載のテーマは「AI活用最前線」だが、実は昨今矢継ぎ早にリリースされている様ざまなHR Techサービスの中でAIの技術が活用されている。そこで、今回はあらためて、我われがどうHR Techと向き合い、活用していけば良いのかを考えてみたい。……[続きを読む]

2019.03.14 【労働新聞】
【働き方が変わるAI活用最前線】店舗編(下) AIカメラによる店舗見守り 運営業務を効率化 最適な人員配置実現も

 前回は「AIとの共生でめざす労働生産性の向上」をテーマに、労働力人口の減少が予想される日本において、AIを活用できる領域には積極的にそれを導入し、人間との役割分担を図るべきであることを概説した。今回は具体的に、我われが小売業界において、店舗の業務効率化や顧客体験のパーソナライゼーションを実現するべく推進しているAIソリューションについて……[続きを読む]

2019.03.07 【労働新聞】
【働き方が変わるAI活用最前線】店舗編(上) 「共生」による労働生産性向上 役割分担が不可欠 人は消費者との窓口に

 今後、様ざまな場面での活用が見込まれるAI(人工知能)。実際にAI関連サービスを提供している企業から、「店舗編」「人事編」の全4回にわたって、各場面におけるAI活用の現状を解説していただく。  少子高齢化が進み、労働力人口が今後加速度的に減少していくと予想される日本において、将来的な労働力確保のための対策を取ることが喫緊の課題となってい……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ