【社長と人事部長への社労士使いこなし術】第8回 12カ月ミーティング 労使参加で課題解決 現場の声を組織に活かす/大野 ゆかり

2020.11.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 12カ月ミーティング?

 そう、その名のとおり、12カ月間を掛けたミーティングのことである。

 1つのテーマについて毎月1回、定期的にミーティングを行うことで、そのテーマを解決していく。評価制度や賃金制度の見直し、就業規則など規程類の整備、労働時間の削減、同一労働同一賃金への対応などの法律に則したものから、人事労務担当者のスキルアップ、チームビルディングなどまで、考えられるテーマは様ざまだ。

 え? 制度の見直しに12カ月も掛かるの?

 なかにはそう思う読者もいるかもしれないが、方向性の確認、現状把握、問題点やギャップの洗い出し、そして新制度の策定、導入までとなると、12カ月は決して長くない。スキルアップやチームづくりも同様である。一朝一夕にスキルは上がらないし、チームもつくれない。じっくりと腰を据えて取り組むことが必要だ。

 12カ月ミーティングを実践するには、2つのポイントがある。1つめは、…

筆者:ドリームサポート社会保険労務士法人 特定社会保険労務士 大野 ゆかり

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年11月23日第3282号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ