【事故防止 人の問題を考える】第90回 リスクを熟知する人を育てるには(足場からの墜落・後編)

2020.08.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

足場組立時より作業中が多い

 平成29年に発生した足場からの墜落死亡災害(31人)をみると、大きく①足場上での作業中、②足場組立作業中、③足場解体作業中、橋梁工事における④つり足場作業中(組立・解体)に分けられます。

① 足場上での作業中に墜落

 死亡災害が最も多かったのは、足場上での作業中に墜落したもので13人が亡くなっています。墜落に至る状況が記載されたものをみると「手すり下の隙間から」「90cmの手すりを乗り越え」「昇降階段を降りようとしたところ」「メッシュシートを突き破って」「足場上に作った開口部から」「足場と躯体との隙間から」「モルタル入りバケツを巻き上げ中に」などがあります。

 これらは、…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年8月15日第2360号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ