【ぶれい考】新型コロナと組織/守島 基博

2020.07.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 先日、組織論の教科書をめくる機会があった。そこで再確認したのは、組織というものを構成する要件は、分業と調整の2つだけである、ということである。

 分業とは役割分担であり、個々人が自分の果たすべき仕事を割り振られ、それを実行することである。対して調整とは、個々が担っている仕事が連携され、組織やチームとしての大きなアウトプットを出す過程である。

 そう、組織というものが成立する最低限の条件はこれだけなのである。…

筆者:学習院大学 経済学部経営学科教授 守島 基博

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年8月3日第3267号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ