【ぶれい考】包摂の社会をめざそう/山本 和代

2020.07.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 最近好きな漫才。ボケに対するツッコミのないあれ。「なんでやねん!」といわずに「それもあり!」と受け入れる。おお、そう来たか! 「包摂」「誰も傷付けない」漫才だそう。

 しかし只中のコロナ禍。こればかりは「なんでやねん!」といいたくなる。誰が予想できたか。こんなことがなければ、あそこに行って、あんな仕事をして、あの人に会って……みんなあったはず。私たちの生活は一変した。

 こういう状況のなか、社会のいわゆる弱い立場の人がさらに苦しい状況に置かれている。…

筆者:連合 副事務局長 山本 和代

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年7月20日第3265号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ