【ぶれい考】国内外で社会対話促進を/相原 康伸

2019.10.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2019年は、連合結成30周年の節目であると同時に、“RENGO International Year”と位置付け、国際労働運動の中で多くの役割を果たしてきた。主な国際イベントだけでも、ガイ・ライダーILO事務局長を招いたILO創設100周年記念シンポジウムの主催や、日本初開催となるL20(G20参加国・地域のナショナルセンターが集まる労働組合会議)、第4回ITUC―AP地域大会などの大イベントのホストを務め、社会対話を積み重ねてきた。これらは、すべての働く仲間のためのみならず、世界を良くする労働運動の実践だ。…

筆者:連合 事務局長 相原 康伸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年10月21日第3229号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ