【ぶれい考】専門外も「本2冊」から/野崎 治子

2018.10.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 幼い頃から人見知りが強く、物語の登場人物はかけがえのない友達だった。『赤毛のアン』の空想を楽しみ、行き詰まったときは「曲がり角の向こうに素晴らしい世界が広がっているに違いない」という言葉をおまじないのように繰り返した。『風と共に去りぬ』では、スカーレットが農場の土を握りしめて再び立ち上がる姿に涙しながら憧れた。

 中学の理科の先生に貰った『自由と規律』も大事な一冊だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年10月29日第3182号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ