【ぶれい考】職場環境の改善に向けて/内田 厚

2019.05.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 19春季生活闘争は、有利解決が図られるよう、多くの組合が精力的に交渉している。要求趣旨に沿った解決が図られることを期待したい。

 これまで連合は、様ざまな格差を是正し、持続可能な社会・経済の実現に向けた取組みを進めてきた。しかしながら、依然として、企業規模間、雇用形態間などの格差は縮まっていない。

 このことを踏まえ今次闘争では、賃金実態把握・要求・交渉に一体的に取り組み、賃金の上げ幅のみならず、…

筆者:連合 副事務局長 内田 厚

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年5月20日第3209号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ