【想いはせれば】第133回 コロナ禍での安全問題

2020.06.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶日本中が、世界中が、新型コロナ問題で大騒ぎになっており、わが国でも政府や自治体などの行政機関、テレビや新聞などのメディア、専門家と称される人たちも、連日多くの時間や紙面を使ってヒステリックに報道しています。

 日本国内では、国の緊急事態宣言が解除されましたが、今後第2波、第3波の流行が懸念されて、本当の終息には時間が掛かりそうで、社会・経済活動の他律的、自律的な規制は当分続きそうです。

▶本年も…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年7月1日第2357号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ