【本当に役立つ!こころの耳】第133回 職場の快適度チェック カウンセリング・マインドの醸成

2020.10.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「新規採用者の話を聴いて」と経営者が指示

 今回は、チェックシートの分析後の改善手法についてご紹介します。

コミュニケーションが大切

 快適な職場を形成するためには、事業所(管理者)と従業員とのコミュニケーションがとても大切です。例えば、新規採用者の定着率の悪さに頭を痛めた経営者は、コストをかけずに改善する対策として、配属する職場の管理者を集めて「新規採用者を配置するので、話をよく聴いてやること」と指示しました。

 また、総務課の社員に、「相談に来たら、親身になってじっくり話を聴いてください」とお願いしました。結果、その年の中途退職者は前年の7分の1に激減しました。特別な教育をしたわけでもなく、このような心掛け一つで成果が上がったことに経営者自身が驚いたというものです。…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年11月1日第2365号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ