【送検事例】コンベヤー端部に覆い設けず

2020.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 岡山・倉敷労働基準監督署は、ベルトコンベヤーの端部に覆いや囲いなどを設けていなかったとして、鋳物製造業の会社と同社副社長を、安衛法違反の疑いで岡山地検倉敷支部に書類送検した。外国人技能実習生が、ベルトコンベヤーの下側に砂が付着しているのを発見し、手で取り除こうとしたところ、作動中のローラーに右腕が巻き込まれた。実習生は肩から右腕全体を切断することとなった。(R2・4・21)

事件の概要

 事故は昨年12月27日、鋳物製造会社の工場内で発生。外国人技能実習生が鋳物の型に使用する砂を清掃するため、スコップで砂をかき集めてベルトコンベヤーに乗せる作業を行っていた。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年6月15日第2356号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ