【送検事例】酸欠で空気呼吸器を備えず

2022.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 茨城・土浦労働基準監督署は、空気呼吸器を備えていなかったとして、廃棄物処理業の会社と同社取締役部長を安衛法違反の疑いで、水戸地検土浦支部に書類送検した。マンホール内の現場から、取締役部長が作業を終え地上に戻ろうとしたところ、タラップを登っている途中で意識を失い転落。救助に入った同社作業員も意識を失い、2人とも酸素欠乏で窒息死している。(R4・5・17)

事件の概要

 事故は、茨城県土浦市のマンホール内の下水管閉塞物除去作業現場で発生。廃棄物処理会社の取締役部長が作業を終え地上に戻ろうとしたところ、昇降用タラップを登っている途中で意識を失い転落した。救助のため、マンホール内部に入った同社作業員も間もなく意識を失い倒れた。2人とも酸素欠乏により、窒息死するという労働災害となった。

 安衛法では、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2022年6月15日第2404号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。