【送検事例】冷却せず機械内へ立ち入らせる

2011.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 千葉・船橋労働基準監督署は、高温のままの機械の中で作業させたとして、建材メーカーと同社工場リーダーを安衛法違反容疑で千葉地検に書類送検した。工場リーダーは、トンネル状の機械内で台車が移動しないトラブルが発生したため、労働者2人を内部に立ち入らせた。内部温度が90度を超えているにもかかわらず、冷却しなかったため、1人が高温による気道熱傷で死亡した。(H22・12・10)

事件の概要

 事故は、建材メーカーの工場で発生。建材を加熱して固めるためのトンネル状の機械(直径3m、長さ45m、第一種圧力容器に当たる)の内部で、建材を積んだ台車が動かなくなるトラブルが起きた。工場リーダーは、復旧作業をさせるため、労働者2人を機械内部に立ち入らせたが、1人が高温による気道熱傷で死亡した。

 機械内部は90度以上あったにもかかわらず、冷却をしていなかったことが判明。船橋労基署は、作業を指示した工場リーダーを安衛法違反容疑で書類送検した。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成23年2月1日第2131号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ