【送検事例】フォークリフトを用途外使用

2016.06.01 【安全スタッフ】

 東大阪労働基準監督署は、フォークリフトの用途外使用を行ったとして廃液再利用業の会社と同社代表取締役を安衛法違反容疑で大阪地検に書類送検した。屋外作業場のテントの上部に溜まった雨水を落とすため、フォークリフトのフォークにパレットを差し込み、これを地上2.59mの高さに上げて、労働者をその上で作業させたもの。パレット上から落ちた労働者が重傷を負った。(H28・3・24)

事件の概要

 事故は、廃液再利用業の会社の敷地内で発生。屋外作業場のテントの上部に溜まった雨水を落とすために、フォークリフトのフォークにパレットを差し込み、地上2.59mの高さに上げ、労働者をこの上で作業させた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年6月1日第2259号

あわせて読みたい

ページトップ