【新人担当者向け!!労働法ケーススタディ】第18回 過労死に該当する要件は? 労働時間の長さに着目 睡眠不足が心臓疾患要因/片山 雅也

2020.05.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Q 「過労死」という表現を報道でよく目にするのですが、どのような場合、過労死に該当するのでしょうか。また、過労死が起きないようにするために、どのような対策を講じれば良いのでしょうか。

過重業務に就労

 過労死とは、業務における過重な負荷による脳血管疾患または心臓疾患を原因とする死亡のことをいい、今回は過労自殺を除いて解説する。労災認定基準としては、「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く)の認定基準について」(平13・12・12基発第1063号)といった通達があり、死亡に至らない場合も対象となる。…

筆者:弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員・弁護士 片山 雅也

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年5月18日第3257号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ