【ぶれい考】コロナ対策へ緊急提言/安永 貴夫

2020.04.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う様ざまな対応により、経済活動が急激かつ広範囲で停滞し始め、経済、社会、雇用に深刻な影響を及ぼしている。

 私たち連合は、働く者・生活者の立場から、政府・各政党へ緊急要請を実施、小中高校などの臨時休校に伴う各種対応や、サプライチェーン全体の維持・確保などを求めてきた。併せて、爆発的な患者の急増を防ぐため、集会・イベントについては極力中止または延期する一方、集会等の趣旨に沿った発信ができるよう、WEBを利用した開催など新たな手段を採用してきた。会議等についても…

筆者:連合 副事務局長 安永 貴夫

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年4月20日第3253号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ