【令和2年 安全衛生行政の展望】SNSによる相談充実へ/小沼 宏治

2020.01.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

産業保健支援室長
小沼 宏治 氏

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 昨年は、働き方改革推進法が4月に施行され、長時間労働やメンタルヘルス不調といった健康リスクが高い方々を見逃さないための対策など、働く方々の健康確保に取り組んでまいりました。

 本年も引き続きこうした取組みを進めますとともに、働く方々の健康保持増進やメンタルヘルス相談の充実などに取り組んで行くこととしております。

 働く方々の健康保持増進につきましては、「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」を見直し、…

執筆:厚生労働省安全衛生部 産業保健支援室長 小沼 宏治

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年1月15日第2346号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ