【令和2年 安全衛生行政の展望】個人サンプリングで法改正/安井 省侍郎

2020.01.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

環境改善室長 安井 省侍郎 氏

 新年明けましておめでとうございます。

 日ごろより、職場の作業環境改善に向けた行政の推進に対して多大なる御理解と御協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 作業環境測定については、一昨年11月にとりまとめた検討会報告書を踏まえ、①発散源が作業者とともに移動し、発散源と作業者との間に測定点を置くことが困難な作業(吹付け塗装など)、②有害性が高く管理濃度が低い特定化学物質および鉛を取り扱う作業において、作業環境測定に個人サンプリング法を用いることができるとする法令改正を本年早いうちに行い、来年4月から施行する予定です。

 また、マンガンおよびその化合物並びに溶接ヒュームのばく露防止対策について…

執筆:厚生労働省安全衛生部 環境改善室長 安井 省侍郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年1月15日第2346号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ