【ぶれい考】“ワンチーム”に学ぶ/田中 雅子

2019.12.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ラグビー・ワールドカップでの日本代表の躍進に感動し、私もにわかラグビーファンとなった。エディ・ジョーンズヘッドコーチの時代からチーム作りは開始されており、当時のメンタルトレーナーや元キャプテンの講演ビデオをたまたま見る機会があった。リーダーグループの育成、日常的な声かけ活動、聴く・問いかける手法の活用、個々人のストレッチした目標設定と達成の見える化、試合準備と試合後の徹底した話合いなど、様ざまな努力を継続してきたという。多様なメンバーがワンチームとして成長し、素晴らしい成果を上げた軌跡は、企業内の組織づくりにも通ずると感じた。

 昨今は組織開発が注目されている。組織開発とは…

筆者:古河電気工業 執行役員 人事部長 田中 雅子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年12月9日第3236号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ