【人事学望見】第1220回 私用メール理由で制裁 懲戒解雇やむなしの頻度と内容

2019.11.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

仕事中になんたる不謹慎!

 職場での非違行為のなかで最近めだってきたのが、勤務時間中の私用メール。懲戒に至る事案では、単独違反だけでなく他の非違行為との複合的なケースが多いという。会社のパソコンに加えてスマートフォンの普及が、企業に従業員のSNS管理とその対策を迫っている。

千件超える 出会系が相手

 確認された私用メールが1000件以上というのでこの種の非違行為で耳目を集めたのにK工業技術専門学校(私用メール)事件(福岡高判平17・9・14)がある。

事件のあらまし

 私立学校法人Yが経営する専門学校の教師Aは、勤務中に職場のパソコンを使用して、いわゆる出会い系サイトで私用メールを大量にやりとりしていた。ハードディスクに保存されていたものだけでも、平成10年9月21日~同15年9月3日までの間の受信記録が1650件余、同11年5月18日~15年9月3日の間の受信記録も1330件余に上っており、そのうちa子および出会い系サイトでの送受信分も各800件以上という膨大な件数に達した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年12月2日第3235号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ