【今週の注目資料】中小企業の経営課題に関する実態調査(商工中金)

2019.11.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

SDGs採用は約6%

 調査は、取引先の中小企業に対して実施、4830社から回答を得た(回収率46.0%)。

 国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)に対する認知状況をみると、6.5%が「考え方をすでに取り入れている」、10.4%が「今後考えを取り入れる予定あり」と回答した。一方、42.2%が「SDGsという言葉を知らない」としている。

 実施している環境関連の取組みを尋ねたところ、「クール・ビズまたはウォーム・ビズ運動」61.6%が最多で、以下、「再生資源の原材料としての使用、コピー、事務用品等の削減」53.3%、「駐停車時のアイドリングストップ等、こまめな消灯等」53.2%が続く。

 取組みによるメリットについては、多い順に、「コストを削減できた」42.3%、「企業イメージ向上」39.0%、「法規制順守意識の向上」38.1%、「経営者・従業員の満足度向上」22.5%となった。一方、「売上げの増加」は1.7%、「人材の確保がしやすくなった」は0.6%に留まった。

中小企業の経営課題に関する実態調査

この連載を見る:
令和元年11月18日第3233号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ