【想いはせれば】第115回 有害作業の把握と対策

2019.09.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ▶10月1日~7日は「全国労働衛生週間」です。この運動の目的は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的とするもので、昭和25年から毎年実施されており、今年で70回目になります。

 この全国労働衛生週間は、7月の全国安全週間に比べて今一つ認知度が低く、事業場での取組みも低調です。

 今年のスローガンは「健康づくりは 人づくり みんなでつくる 健康職場」で、運動の重点実施事項も過重労働やメンタルヘルス不調などが主眼になっており、いわゆる従前から「職業病」と呼ばれていた…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年10月1日第2339号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ