【産業カウンセリングの現場から】第115回 「職業がん」の防止に向けて

2016.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

長い潜伏期間が…

 2012年5月18日に印刷業における胆管がんが顕在化し、2015年12月18日に化学工場でオルト-トルイジンによるとみられる膀胱がんの発生が報じられた。いずれも世界でも初めての職業がんのようである。この事態は何なのかを考えてみたい。

 職業がんは、1775年のパーシバル・ポット(英)による煙突掃除人の陰嚢がんが最初の発見といわれる。わが国では、1935年に八幡製鉄所の工場医であった黒田静、川畑是辰が3人の肺がんを診察したことから深く探求してガス発生炉作業で発生するタール成分が原因であることを突き止めてドイツの医学誌に発表した。

 このように古くから知られていた職業がんに加えて、1975年前後に新たな職業がんが顕在化してきた。…

執筆:産業医科大学 産業衛生教授 元厚生労働省職業病認定対策室長 石井 義脩

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月15日第2254号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ