【新任担当者のための基礎から学ぶ労働法】第16回 労働基準法⑦―労働時間の概念― 場所的拘束性など総合判断 業務の準備行為も対象に/安藤 源太

2012.05.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回からは、労基法上の労働時間に関する規制について概観する。

 労基法は、32条以下において労働者の労働時間に関する詳細な規制を定めている。これは、長時間労働による拘束状態により、労働者の肉体的・精神的健康が阻害されることを防止し、ワーク・ライフ・バランスを保てるようにすることをも目的とすることにより、「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法25条)を営めるようにすることにある。以下では、労基法にいう「労働時間」とはいかなるものかについて解説する。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 安藤 源太

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月7日第2871号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ