【ぶれい考】管理職のメタボ対策/後藤 郁子

2012.10.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昨今、オフィスで当たり前のように叫ばれるメタボリック・シンドローム。健康診断で中性脂肪や血糖値の値がひっかかり、会社から食習慣や運動習慣の改善を促され、スポーツクラブに通い出した諸兄も多いことだろう。

 かくいう私もコレステロール値が高めで、医者にストレスの溜まらない適度な運動をするよう指導を受けたが、スポーツ選手だった私には、過度な運動はあっても適度な運動などあり得ず、健康のためにスポーツクラブに通うこと自体、つまらなくてストレスの根源となる。

 では、どうしたらいいか、と試行錯誤してみたが、やはり日常の仕事の中で解決していくのが一番という結論に達した。…

筆者:㈱トウキョウブランディングシーメディア 代表取締役 後藤 郁子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年10月29日第2894号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ