【ぶれい考】人はコストでなく成長の源泉/古賀 伸明

2012.02.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 現下の世界情勢や日本経済・社会を取り巻く環境についての認識に、経営側と大きな差はない。東日本大震災からの復興・再生、グローバリゼーションの益々の激化、そんな中で、欧州のソブリンリスクが世界中を駆けめぐっている。

 そして、日本も円高、デフレ経済の進行等、極めて深刻な状況である。とりわけ、財政悪化や世界に類を見ないスピードで進行する超少子・高齢社会と社会保障改革の対応。働く現場をみれば、非正規社員の増加、若年層の雇用不安の深刻化、あるいは年収200万円以下の層が1100万人を超える事態となった。自殺者は…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年2月20日第2861号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ