【進展するデジタルシフト(電子申請)】第18回 年度更新 郵送される情報が必要 14桁の労働保険番号など/成澤 紀美

2019.05.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働保険料の概算保険料、増加概算保険料、確定保険料の申告・納付をする際の手続きを解説していく。今回は、労働保険事務組合に関する手続きは省略し、継続事業に関する手続きを説明する。

 本申請は、紙媒体での申請と同じく、毎年6月1日から7月10日までの間しか申請できない。

 まず、電子申請メニューの申請(申請者・代理人)から申請検索画面へ移動、「労働保険」と入力し手続きを検索する。結果が表示されたら、「労働保険年度更新申告」を選択し、画面をスクロールして「労働保険概算・確定保険料等申告書(継続事業)」の「申請書を作成する」をクリックする。

 「労働保険番号(14桁)」と「アクセスコード(8桁)」を入力する画面(図1)が表示されたら、郵送で届いている年度更新用の申告書に記載されている番号をそれぞれ入力する。…

筆者:社会保険労務士法人 スマイング 代表社員 成澤 紀美

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月20日第3209号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ