【産業カウンセリングの現場から】第179回 困り事への対応力養う管理監督者研修/二井矢 綾子

2019.05.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

任意参加で1.5時間コース

 新元号が「令和」に決まり、私が所属する佐江戸事業場にも新しい風が吹き始めました。「健やかに働いて成果を出せる職場づくり」をめざして産業医活動に励んでおりますが、活き活きとした職場づくりのキーパーソンは管理監督者だと実感する日々です。

 企業で購買担当の管理職を務めながら二児の母でもあった私は、限られた時間で成果を出すために苦労されている管理監督者の姿をみると他人事とは思えません。どうすれば役に立てるか、常々考えています。

 当事業場では管理監督者が対応に苦慮する事案を「職場の困り事」と捉え、事例を通して適切な対応を考える研修を毎年実施しています。困り事が減ってマネジメント業務に専念できれば、管理監督者のモチベーションが上がり職場の快適度がアップするという好循環が生まれます。

 本稿では当事業場の管理監督者研修を紹介します。職場の困り事に対応する際の参考にしていただければ幸いです。…

執筆:パナソニック健康保険組合 佐江戸健康管理室 室長 二井矢 綾子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年5月15日第2330号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ